土曜プレミアム 「帝一の國」面白かった~!!


「帝一の國」予告

 

フジテレビ土曜プレミアムで映画「帝一の國」が放送されました(^-^)

ほんとにおもしろかった。

 

映画館で家族と1度見てますし、原作の漫画も読破しました。

何度見てもおもしろい(=^▽^=)

 

 

 

f:id:howlinwolf:20180417061941j:plain

(C)2017 フジテレビジョン 集英社 東宝
(C)古屋兎丸/集英社

 

 今週の土曜プレミアムは映画「帝一の國

 

こんにちは、ウサギセブンです。

 こちらの映画はマンガが原作となっています。作者は古屋兎丸さん、画風が大正チックな特徴のある絵です。

 漫画原作の映画は大人の事情(思惑)で原作から印象や内容がかけ離れて行って大失敗することがありますが、こちらの映画はイメージは崩れず内容も面白く大人たちも満足(思惑どうり)の三方良しの映画です。

とにかく、

熱く!!

笑えて!!

イケメンも堪能できる!!

 

おすすめ度 ★★★★★

コメディ度 ★★★★★

イケメン度 ★★★★★

 

 

あらすじ

 全国屈指の頭脳を持つエリート学生たちが通う、超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一(菅田将暉)。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。そのためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「2年後の生徒会長選挙で優位に立つためには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」誰よりも早く、野望への第一歩を踏み出す帝一。しかし彼を、想像を絶する罠と試練が、友情と裏切りが待ち受ける!

フジテレビ ホームページより

 

 将来、総理大臣になるべく生徒会長を目指し、政界同様に派閥を組んで策略・汚職を練り、罠と試練を乗り越えていく

学園政界イケメンコメディです。

えっ、イケメンてなんだよって?

キャスト

出演者は、今絶賛活躍中の若手男優さんさんばかりだからです。

それぞれの登場人物はアクの強いキャラクターばかりですが、役者さんはそのイメージを壊さず、漫画以上の熱演を振るっています。

f:id:howlinwolf:20180417062722j:plain

赤羽 帝一(菅田将暉

主人公、生徒会長選挙に命をかける男を怪演。

 説明不要の売れっ子男優ですね。

 

顔もかっこいいですが演技もカメレオン俳優と呼ばれるくらい真面目でうまい。

コメディのセンスもいい。

その真面目な須田君が熱い男 赤羽 帝一を演じて面白くないわけがない。

 

東郷 菊間(野村 周平)

主人公のライバルとして出演。

ライバルというよりもヒール(悪役)です。

あれこれとあくどい手を使って帝一を蹴落とそうとします。

クズっぷりが素晴らしいです。

 

大鷹 弾(竹内 涼真)

主人公のライバルとして出演。

こちらは、統合と対照的に正義の男を演じています。

竹内くんが素のまま演じているように思えます。

 

榊原 光明(志尊 淳)

主人公の相棒役として出演。

この映画には女性のヒロインは存在しますが、本当のヒロインは志尊だと思っています。とにかく可愛く、小動物のような存在感を出しています。

 

氷室 ローランド(間宮 祥太朗)

主人公の1年先輩、次期生徒会長選の大本命。

クールでイケメン。

ローランド役はこの人しかいないでしょう。

森園 億人(千葉 雄大)

主人公の1年先輩、次期生徒会長選のダークホース。

戦局を読む事に長けた頭脳派。

かわいい役が多い雄大さんですが本作ではクールな役を演じています。

 

まとめ

マンガが原作でありながら、これほど完成度が高くかつ面白い作品はないかと思います。監督・出演者・スタッフの意気込みすら感じるえいがです。

 

前回記事はこちら

 

www.usagiseven.blue

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ漫画 岩明均「ヒストリエ」 ~ 文化が違ーーう!! ~

おすすめ漫画 岩明均ヒストリエ」 ~ 文化が違ーーう!! ~

みなさん、古代ギリシャに興味はありませんか?

 

こんにちは、ウサギセブンです。

古代ギリシャ」興味はあるけど、文章ばかりの歴史書は読みたくないという方におすすめなのはこちら、

漫画 岩明 均「ヒストリエ

です。

 

f:id:howlinwolf:20180330082015j:plain

引用:ヒストリエ / 岩明均 - アフタヌーン公式サイト - モアイ

紀元前4世紀の古代ギリシア世界を舞台に、後に「アレキサンダー大王」の書記官となる「エウメネス」の波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作です。

 

岩明 均さんといえば「寄生獣」で有名になった作家さんです。

寄生獣」はグロテクスな表現が目立ちますが、「人間とは?」を考えさせれくれる名作です。

オススメポイント

人間観

ヒストリエ」は古代ギリシャを舞台に書かれており、今の時代と余りにも

「人間観」

 が違いすぎて、今の時代とのギャップを面白く読めると思います。

 

 「岩明 均」作品独特の空気感

岩明 均さんのファンにはこの作家さんの

「独特な空気感」

が好きな人もいます。

岩明 均さんはインタビューで次のように語っています。

「『大まかな全体』。細かな部分部分よりも。物語作品である場合、いかに複雑でややこしくなろうとも、作品全体がたった一匹の生き物に見えるようであるならば、うまく描けてる感じなのではと思います」

引用 ユリイカ 2015年1月臨時増刊号 総特集・岩明均(p. 13)

これが漫画に独特な空気感を与えているのだと思います。

 

独特な残酷描写

こちらもインタビューから、

「こんなにひどいの載せらんない」「載せてもらえるわけない」みたいな杞憂はとりあえず置いといて、どうしたらそれっぽく、本物っぽく見えるかを考えます。せっかく「絵」なんだから、俳優の演技では無理!ってとこまではがんばりたいと思います。

引用 漫画家になるための戦略教室/門倉紫麻 【再録】 ちばてつや賞出身! 岩明均さんインタビュー(2/3) - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

 時々、劇を見ているような気持ちになるのは、このような表現にこだわっているからなのですね。

 

古代ギリシャの歴史

ストーリーを面白くしなければいけないので、創作の部分もあるとおもいますが、作者はしっかりと関連書籍の資料を集めておられますので「ヒストリエ古代ギリシャの歴史入門書としてもいいかと思います。

おすすめしないポイント

とにかく遅い

本当に遅い2003年3月から連載をスタートして、2017年3月でようやく10巻目が出ています。デビューする前から考えていた話らしいのですが、一生をかけてかけて書いていきそうなスピードです。

まとめ

現在10巻まで刊行されていますが、僕が一番印象に残った所は1巻の「スキタイ人」の残虐性を語られるところです。

うわ~、この「スキタイ人」の文化が本当に有り得ない

とおもいました。詳しく書くとネタバレになるのでエピソードは書きません。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

前回の記事はこちらです。

 

usagiseven.hatenablog.jp

 

 

 

 

シマリスたちに餌やりができる癒しの空間 ~ 岐阜県 リスの森 ~

シマリスたちに餌やりができる癒しの空間 ~ 岐阜県 リスの森 ~

癒しを求めて、社会という名の砂漠をさまよって

とうとう見つけました!!

 

ユートピアを!!!

 

こんにちは、ウサギセブンです。

家族と癒しを求めて、岐阜県高山市の「リスの森」にいってきました。

 

「リス」といわれて一般的に想像するのが、こちら

シマリス」だと思います。

 

f:id:howlinwolf:20180325114451j:plain

 写真引用:自分

 この子たちに餌やりを餌やりが出来ます

゚+.(・∀・)゚+.゚

ドキドキワクワク、いざ入園!!

受付で入園料を支払い、手にアルコールスプレーを吹き掛けてもらいます。

 

入口は二重になっていて、こちらで軍手を渡されます。

リス園の広さは20m×30mとなかなかの広さ。

 

おっと、餌を買い忘れていました。

アミ越しに係りの人に100円を支払い餌を買います。

 

いよいよ、リスたちと遭遇

入口でお出迎えをしてくれたのがこの子、

エゾリス」です。少数ですか「シマリス」の他に「エゾリス」がいます。

 

 

f:id:howlinwolf:20180325115508j:plain

この子も素朴でかわいい(⌒‐⌒)

 

餌を手のひらにのせ、リスに差し出すと近づいてきて一生懸命食べてくれます。

選り好みするグルメなリスや袋のなかに顔を突っ込む食い意地のはったリスもいます。

 

f:id:howlinwolf:20180325112834j:plain

 

おい、欲張りすぎだろ。

 

思っていたよりも少ない?

なんだか思っていたよりも少ないと、気がつきました。

 

私がリス園に来たのは3月25日 日曜日のお昼頃。

冬眠から目覚めたばかり。その上、お昼ぐらいになるとお腹がいっぱいになっていて

あまり出てきていないみたい。(T-T)

オススメは夏から秋にかけての平日、朝か夕方がいいみたいです。

それでも子供たちは大満足。

 

それでは、キュートなリスたちをご覧ください。

f:id:howlinwolf:20180325113930j:plain

f:id:howlinwolf:20180325112806j:plain

f:id:howlinwolf:20180325112653j:plain

f:id:howlinwolf:20180325120121j:plain

 

所在地 高山市松倉町2351-7

電話番号 0577-33-9232

ファックス 0577-33-9232

 

利用料金 個人:大人780円 小人 380円

営業時間 午前9時から午後5時

     休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)と冬季

       ※12月から3月14日まで登記休業

交通アクセス JR高山駅より車で20分

リス達とふれあったら、飛騨の古い町並みを散策

「リス園」は飛騨高山の古い町並みで有名な「さんまち通り」まで車で十五分と大変近く、時間があったらよっていってくださいませ。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

前回の記事はこちらになります。

 

usagiseven.hatenablog.jp

 

 

 

「300(スリーハンドレッド)帝国の進撃」DVD感想 ~服従するくらいなら自由を守るために死ぬ!~

300(スリーハンドレッド)帝国の進撃DVD 感想

こんにちは、ウサギセブンです。

洋画「300(スリーハンドレッド)帝国の進撃」の感想記事です。

f:id:howlinwolf:20180318163630j:plain

引用 http://coda21.net/broadband/blog2014_06/140617.htm

 

 このDVD見たきっかけ

  • 実はあまり見る前は好きなタイプの映画ではありませんでした。レンタル店でDVDを物色するときは敬遠する1枚でした。しかし岩明均さんの漫画「ヒストリエ」を読んで古代ギリシャ古代ローマに興味を持つ様になって、1作目の「300(スリーハンド)」を鑑賞しました。グロイ表現があり、ちょっと苦手でしたが、物語としてはなかなか面白かったのです。

 

usagiseven.hatenablog.jp

 あらすじ

前作で100万もの兵を率いてギリシャ侵攻を図るペルシャ帝国を相手に、300人の精鋭と共に戦いを繰り広げた果てに命を落としたスパルタのレオニダス王。今回の物語は灼熱の門で全滅したレオニダス達と同じ時間の別の戦い、エーゲ海での海戦を軸にしている。

アテナイテミストクレス将軍(サリヴァン・ステイプルトン)は、パン屋、陶工、詩人といった一般市民から成るギリシャ連合軍を率いてペルシャ帝国海軍に立ち向かっていく。

ペルシャ帝国の海軍指揮官アルテミシア(エヴァ・グリーン)らと拮抗する中、ついに大海原を舞台にした最終決戦を迎えることに。

「引用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2017年11月2日 (木)
URL:

https://ja.wikipedia.org/wiki/300_%E3%80%88%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%80%89_%E3%80%9C%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E3%81%AE%E9%80%B2%E6%92%83%E3%80%9C

 おすすめポイント

  • 悪女が好きな人ペルシャ帝国の海軍指揮官アルテミシアがすばらしい悪女です。観ていてとてもゾクゾクきます。
  • 血が好きな人…噴水のようで湧き出ます。
  • 筋肉が好きな人…男、筋肉、男、筋肉時々美女と男臭プンプンの映画です。
  • キレイな影像が好きな人…全編CGを使用しています。監督はノーム・ムーロさんこの作品が2作目みたいです。プロデューサーに前作監督のザック・スナイダーさんが入っています。ザック・スナイダーさんは「ウオッチメン」「エンギェル ウォーズ」等コントラストの強い映画を手掛けています。映画の原作はグラフィック・ノベル「シン・シティ」のクリエイターフランク・ミラーさん。ザック・スナイダーさんとフランク・ミラーさんの組み合わせで、あっさりした映画になるわけがない。
  • 古代ギリシャ古代ローマの歴史が好きな人古代ギリシャテルモピュライの戦いをもとに作られたフィクションです。お話が紀元前と古いので結構原作者の好きなようにストーリーが作られていると思いますが、ここから当時の歴史を調べていくのも面白いと思います。

おすすめしないポイント

  • 日本ではR18となっており、かなりグロてエロイ表現があります。
  • 暑苦しすぎて胸焼けするかもしれません。

1作目と比べ、ストーリーが面白くなっています。1作目で物足りなかった方にはお勧めです。

 

最後まで、読んでくださってありがとうございました。m(_)m

 

前回記事

 

usagiseven.hatenablog.jp

 

 

  

「グラディエーター」DVD感想 ~復讐はこの世かあの世で必ず果たす。~

こんにちは、ウサギセブンです。

今日は洋画「グラディエーター」の感想記事です。

主役は、やるせない顔のラッセル・クロウさんです。

内容は、とても上質な史劇でとても面白かったです。

f:id:howlinwolf:20180310151014j:plain

 

この映画を観たきっかけ

「300スリーハンドレッド」の感想記事でも書きましたが、岩明均さんの漫画「ヒストリエ」が好きで古代ギリシャ・ローマの映画を観ようと思いました。

 

 

 

usagiseven.hatenablog.jp

あらすじ

帝政ローマ時代中期を舞台とし、ラッセル・クロウ扮するローマ軍将軍マキシマス・デシマス・メレディウスは皇帝アウレリウスと皇太子コモドゥスの確執に巻き込まれて家族を失い、自らも奴隷に身分を落とす。マキシマスはコモドゥスへの復讐を誓い、ローマ文化の象徴の一つである剣闘士グラディエーター)として名を上げていく。

「引用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版より』

2018年2月23日金曜日

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/グラディエーター

おすすめポイント

古代ギリシャ古代ローマの歴史が好きな人

 監督リドリー・スコットは実際のローマの映像化を目指すべく、数人の権威ある歴史学者を史実に考証のスタッフとして召集しています。しかし物語を盛り上げるため史実が不明瞭な点は創作がはいっているそうです。登場する皇帝アウレリウスと皇太子コモドゥスは実在した人物です。

・含蓄のある言葉が好きな人

 皇帝アウレリウスは五賢帝の一人に数えられており、「哲人皇帝」と言われています。アウレリウスの言葉がこの映画に重厚な雰囲気をあたえています。

 

おすすめしないポイント

 ないですね。

あえてあげるとすると、格闘シーンぐらいでしょうか。

 

僕が今まで見てきた映画のなかではオススメ映画としてかなり上位に入ります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「300(スリーハンドレッド)」DVD感想 ~This is Sparta!(これがスパルタだ!)~

300(スリーハンドレッド)DVD 感想

こんにちは、ウサギセブンです。

洋画「300(スリーハンドレッド)」の感想記事です。

お話、影像美はよかったけどグロ表現がちょっとにがてでした。

f:id:howlinwolf:20180310140031j:plain

引用 

https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=2208/

 

このDVD見たきっかけ

  • 漫画「ヒストリエ」から入って行きました。岩明均さんの独特なアクション表現が結構好きなんです。残酷なシーンが淡々とした描写で書かれていて面白いんですよ。歴史のストーリーも面白く、そこから古代ギリシャ古代ローマの歴史に興味が沸いてきました。
  • 古代ギリシャ古代ローマの映画を見たくなり、最初に洋画「グラディエーター」を見ました。この映画は、上質な劇を見ているような感じでとても面白かったです。
  • ほかの映画も見たくなり探してみました。ギリシャ神話やトロイが題材の映画がありその他の映画として「300(スリーハンドレッド)」がありました

紀元前480年、スパルタ王レオニダスの元にペルシア帝国からの使者が訪れ、スパルタに服従を要求した。レオニダスはこれを拒否し、使者を殺害した。

レオニダスはスパルタ全軍での迎撃を考えていたが、デルポイの神託によって非戦と決定されてしまった。王と言えども神託には従う義務があり、スパルタ評議会も非戦の方針を支持した。

このままではスパルタは戦わずしてペルシア帝国の支配下に入ってしまう。レオニダスは「散歩」と称して300名の親衛隊を率い、ペルシア王クセルクセス率いる100万のペルシア軍の迎撃に向かった。兵力差は圧倒的であったが、スパルタ軍は峻険な山と海に挟まれた狭い街道に布陣して、ペルシア軍が大軍の利を生かし切れないようにした。

ここに、壮絶な死闘となるテルモピュライの戦いが始まる。

「引用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2018年2月4日 (日)
URL:

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/300_%E3%80%88%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%80%89

 おすすめポイント

  • 大人や高校生になっても中二病な人…映画のなかで出てくる台詞はほとんど胸熱な言葉ばかり。R15なので高校生 以上がおすすめです。
  • 筋肉が好きな人…男、筋肉、男、筋肉時々美女と男臭プンプンの映画です。
  • キレイな影像が好きな人…全編CGを使用しています。監督はザック・スナイダーさん「ウオッチメン」「エンギェル ウォーズ」等コントラストの強い映画を手掛けています。映画の原作はグラフィック・ノベル「シン・シティ」のクリエイターフランク・ミラーさん。この組み合わせで、あっさりした映画になるわけがない。
  • 古代ギリシャ古代ローマの歴史が好きな人…古代ギリシャテルモピュライの戦いをもとに作られたフィクションです。お話が紀元前と古いので結構原作者の好きなようにストーリーが作られていると思いますが、ここから当時の歴史を調べていくのも面白いと思います。

おすすめしないポイント

  • 日本ではR15となっており、かなり黒い表現があります。
  • 暑苦しすぎて胸焼けするかもしれません。

続編が出ているので今度見てみようと思います。

 

  

自己紹介です。

自己紹介です。

ようこそ、当ブログへお越しくださりありがとうございます。

ウサギセブンと申します。

初めてのブログ投稿ということで、プロフィールや当ブログのことを書きます。

プロフィール

  家のすぐ近くには、山や川があり遊び場には結構危険な遊びをしていました。

  • 趣味  趣味らしい趣味は持っておりません。今は子育てが趣味みたいなものかな。あとは時々ヘンプやサウナ。
  • 家族  既婚で、ブログタイトルどうり男の子一人、女の子一人の40代のサラリーマンです。

 

当ブログのことブログを始めた動機 

  • 収入を増やすため。ブログを書くことで新しい知識を取り入れ、新しいことに取り組むため。
  • 扱うテーマ 雑記ブログです。映画、本、子育て、仮想通貨、日々思うこと、その他もろもろ。

 文章を書くのも下手っぴ初心者ブロガーですがよろしくお願いします。m(_)m