パパMAG

30代、40代のお父さんを応援するブログ!!

仮想通貨バブルならぬ、ウサギバブル??

f:id:howlinwolf:20180527063544j:plain

こんにちは、ウサギバブr.....

 

じゃなかった(^o^;)、ウサギセブンです。

 

仮想通貨はチューリップバブルに例えられますよね、明治初期には変わった名前のバブルがあったんですよ。知ってますか?

その名は、

 

『うさぎバブル』

 

って言うです。可愛い名前ですよね、ゲームアプリでなんだかありそうですよね。

かわいい、病気にならない、高値が付くの一石三鳥のウサギ

明治維新後、西洋からあらゆるものが入って来るんですけど、動物界も例外じゃありませんでした。

明治五年頃にですね西洋のウサギが重宝され始められて、やがて愛玩用として飼育され始めました。次第に交配も行われ珍種も産み出されっていったみたいです。

 

そして、『ウサギブーム』が起こり、高値がつき始めます。そのブームに乗っかり値の変動を操って、一儲け使用とする奸商が出てきます。

 

あっ、奸商ってのはあくどい商人のことですよ。

どの時代にもこんな奴はいますよね。

 

見た目のかわいらしいや、飼っていれば病魔が避けられるといった俗信値段の高騰、飼いやすさといった理由から奸商だけじゃなく庶民も投機目的でうさぎを飼い始め『ブーム』から『バブル』へと進んでいきます。

 

どんなウサギが人気あったかというと、外来種の「耳長兎」、それで交配も盛んに行われたんですけど、その中でも毛色が白地に斑文のウサギに人気が集中したみたいですよですよ。その価格はなんと 当時のお金で200円から600円。明治初期の一円を今の価値に換算すると一万円程度、つまり

 

一羽200万から600万

 

ので取り引き(;゚Д゚)!

すごいですよね!!今の時代高くても6万ぐらい実に100倍の値段で取引されてたんですね。子ウサギでもコロと呼ばれて10円ぐらいの値が付いていました。

 

そして、『兎市』や『兎売買』の為の集会が開かれますますヒートアップしていきます。

 

『ウサギバブル』にまつわる事件があった

ヒートアップしすぎて、事件まで発生する始末。例えば白色のウサギを柿色の染めて詐欺の片棒を担いだって罪で二円の罰金、杖うち60回、懲役60日間という刑がくだされます。杖うち60回ってちょっとおもいろいけど。

 

他には、ウサギの売買のことで親子喧嘩が始まり、庭に突き飛ばされた父親は庭の飛び石に眉間を打って死亡した殺人事件や、奉公人が主人の奥さんを殺人しようとした事件もありました。

金に目がくらむと怖いですね。

 

政府が沈静化へと乗り出した

いよいよ、ヒートアップしすぎたこの状況を政府が統治するべく、こんな対策を打ってきます。

 

ウサギ 一羽所持につき毎月1円の課税、無届出で所持している場合は一羽につき2円の罰則

 

f:id:howlinwolf:20180527063116p:plain

 

これにより、『ウサギバブル』は一気に沈静化に進んでわけですけど、子ウサギは3銭、孕みウサギは5銭と超安値で叩き売られます。

しかし、この動きに目をつけて一儲けしようという輩も出てきます。

ウサギの皮を剥いで毛皮を売ったり、もともと日本ではウサギは食用だったので、絞め殺してしめこ鍋にして屋台で販売をする者も出てきました。

 

課税対策により『ウサギバブル』は弾け飛びました。

 

まとめ

 人間お金に目がくらむと、どんなものにも価値を見出してしまい、冷静な判断を取れなくなりますよね。僕は仮想通貨に対しては、投機目的よりも楽しみたいというスタンスで付き合っています。

興味のある方は、過去記事をお読みください

 

www.usagiseven.blue

 

皆さん、投機はほどほどにしましょう。

最後までお読み下さりありがとうごございました。

それでは、また!!

 

 前回記事はこちら、

 

www.usagiseven.blue