パパMAG

30代、40代のお父さんを応援するブログ!!

趣味を持ちたいけど長続きしない方は、脳内麻薬を出す趣味がいいと思う

f:id:howlinwolf:20180614054045j:plain

こんにちは、副業のつもりで始めたブログ運営が趣味になってきているウサギセブンです。

 

僕の趣味は、ブログ運営とサウナとヘンプ(麻ひもでブレスレットやネックレスを作るやつ)です。世間では無趣味な方がいらっしゃいますが、僕もどちらかたというとその人たちと同じ部類に入るかと思います。人付き合いは上手ではないし、運動するわけでもない。それに不器用ですから(;´Д`)

 

趣味を始めるなら長続きさせたいですよね。だけどネットで『無趣味な人におすすめ〇選』を見ていざ始めてみても楽しくなくなかなか続かない。

そんな人に向けて今回は書きます。

 

趣味を長続きさせたいなら、脳内麻薬を分泌させやすい趣味がいいと思う

f:id:howlinwolf:20180614054130j:plain

脳内麻薬 ドーパミン・βエンドルフィンとは

βエンドルフィンとは

βエンドルフィンは、脳内で機能する神経伝達物質の一つで、モルヒネ同様鎮痛系に作用し、多幸感をもたらします。脳内麻薬とも言われています。鎮痛作用はモルヒネの6.5倍といわれています。βエンドルフィンが多く発生する条件として痛みや苦痛があります。有名なのは『ランナーズ・ハイ』です。また、出産時や死ぬ直前にも多く発生します。

 

ドーパミンとは

ドーパミンも脳内で機能する神経伝達の一つで、やる気と集中力を上げます。また学習能力や記憶力にも影響を与えます。また、ドーパミンを放出させる行動をとると記憶され、もう一度経験したい衝動に駆られたり、モチベーションアップにつながります。

 

ドーパミンによりモチベーションを挙げ、βエンドルフィンにより幸せな気分を感じれば趣味としても長続きしやすいと思います。

ドーパミン・βエンドルフィンを分泌させやすい趣味は

1.運動(ランニング)

運動することによりどちらも分泌されます。特にランニングでは『ランナーズ・ハイ』状態によりβエンドルフィンが多く発生されます。

 

2.瞑想

瞑想することで、ドーパミンにより集中力が増し、リラックス状態に入ることでβエンドルフィンが分泌されます。

 

3.美味しいものを食べる(料理や食べ歩きなど)

美味しいものをたべることによりどちらも分泌されます。また、新しい味の探求をすることによりドーパミンをより多く分泌させます。

 

4.笑うこと(お笑い芸人の追っかけなど)

どちらも分泌されます。また、笑うことにより免疫アップ効果があり健康にも一役買います。

 

5.探求すること(ブログ運営など)

新しい発見をしたりするとドーパミンが出やすくなります。ブログを運営すると記事のネタを探したし、調べたりして新しい発見に結びつきます。(^-^;

 

ドーパミンとβエンドルフィンとの付き合いはほどほどに

f:id:howlinwolf:20180614054701j:plain

いいことばかり書いてきましたが、行き過ぎたり、不健全な行いにより脳内麻薬を出しすぎると依存症になってしまいますのでご注意を。何事もほどほどに(中庸に)!!

 

まとめ

いろいろとおすすめの趣味を書きましたが、あなたに合ったものを探してみてください。僕のおすすめはブログ運営ですよ。パソコンとネット環境があれば無料でできますよ。

 

それでは、また!!

 

前回記事はこちら、

 

www.usagiseven.blue